中古バイクを買う場合、ディーラーと中古車販売店のどっちがいい?

中古バイクを買う場合、ディーラーと中古車販売店のどっちがいい?

中古バイクを買う場合、ディーラーと中古車販売店のどっちがいい?

 

 

バイクの中古車を購入する場合、ディーラーと中古車販売店のどちらがいいのか?
それぞれのメリットとディメリットを上げていきます。

 

 

ディーラー

 

メリット

保証が充実しています。中古車でも2年間の長期保証がついてることが多く、それ以外にもディーラーごとに独自のサービスをつけていることがあります。特にメーカー直系のディーラーであれば、当然、中古車販売店よりもそのバイクの情報や知識が正確で豊富なので安心してメンテナンスを任せられます。

 

また、ディーラーの中古車は、そこで定期点検を受けていた人がバイクを手放したケースも多いので前のオーナーがどのように扱っていたのかということまでわかることがあります。

 

 

ディメリット

中古車販売店に比べ、価格が少し高めです。また直系のディーラーなら一つのメーカーからしかバイクを選べなかったり、他のメーカーのバイクと実物を比較しながら話しを聞くことが出来ません。

 

 

 

中古車販売店

 

メリット

中古車販売店で中古バイクを買う一番のメリットは、価格が安いことです。特に高級なモデルほどディーラーで買うのに比べてより安く買えます。また選べるバイクの種類が豊富です。いろんなメーカーから自分にあったバイクを探せますし、最近は、全国で販売されている何万件ものバイクから選んで取り寄せてもらうことも出来ます。その中には、生産修了モデルや絶版車などもあります。

 

 

ディメリット

価格が安いということは、それなりにリスクがあるということです。一見外装が綺麗でも実際は、ひどすぎて外側だけ取り替えているケースもありますし、エンジンを開けてみたらひどい状態のこともあります。前のオーナーがどのように扱っていたのかもわかりません。そのため、保証もほとんどの場合ありません。

 

 

中古バイクを買う場合、ディーラーと中古車販売店のどっちがいいのか?

 

 

結局、バイクを実際に見て、良し悪しが判断できる人、または、知り合いにそういう人がいて一緒についてきてもらえる人は、中古車販売店で買うのがいいでしょう。

 

 

それ以外の人は、ディーラーで買うのが無難でしょう。

 

 

ディーラーと中古車販売店のどっちがいいかの口コミ

 

 

俺は以前、近所の個人がやってるバイク屋でバイクを買ったけど仕事で引っ越しすることになった。バイクも持って行ったけど他県に引っ越しして整備してくれる店を見つけるのに苦労した。買った店じゃないと嫌がられるし断られる。そういう意味では、YSPやドリームとで買えば、全国に店があるから引っ越してもやってくれる。価格は、総じて一般店より高いけど。YSPは125cc超だと通常の2年保証に加えて1年追加の3年保証を受けることができる。でも12ヶ月・24ヶ月点検を受けることが条件だけど。

ホーム RSS購読 サイトマップ