バイクのタイヤについて知っておいた方が良いこと

バイクのタイヤについて知っておいた方が良いこと

バイクのタイヤについて知っておいた方が良いこと

 

初めてバイクを購入する人を対象にバイクのタイヤについて知っておいた方が良いことを説明します。

 

 

バイクのタイヤの種類

 

 

タイヤは、チューブがあるのかないのかでおもに2種類のタイプに別れます。

 

 

1つ目は、チューブレスタイヤです。名前のとおりゴムチューブが無く、外側のタイヤとリムの間に空気を持ちます。そのため釘が刺さっても空気の抜け道が刺さった箇所以外ありませんので釘を抜かなければそこそこ走ることができますし、空気もわりとゆっくりと抜けていきます。修理もチューブが無いから車輪を外す手間もなく、パンクの修理は、タイヤの表面部分のみで済むのです。

 

 

 

2つ目は、チューブタイヤです。こちらは、タイヤの中に空気を持つためゴムチューブを装着しいます。チューブタイヤは、釘がささると空気の逃げ道が刺さった部分とリム側の2箇所になって空気の抜けるスピードがチューブレスタイヤより速いです。修理する際にもチューブの穴を埋めるためには、まず車輪を外してからチューブを引き出すので手間がかかります。

 

 

 

このようにしてみるとチューブレスタイヤの方が便利に思えますがホイールによってはチューブレスタイヤが使えないことだってあります。スポークホイールというホイールは、リムにスポークを通して固定するための穴が開いているのでチューブタイヤを使わないと空気をキープできません。なのでスポークホイールでは、チューブタイヤが使用されています。チューブレスタイヤが使うことが出来るのは、キャストホイールです。チューブレスタイヤは、リムにスポーク用の穴が開いていません。しかし、一部BMWなどで採用されているスポークホイールでは、スポークの固定場所をリムの端に動かしているためチューブレスタイヤを使用することができます。

 

 

 

チューブかチューブレス以外にもバイクのタイヤには、バイクの特性を活かすために幾つものデザインやサイズがあります。大きく分けると滑走路に適したタイヤのオンロード用と未滑走路に適したオフロード用とレースで使用されるレース用があります。

 

 

オンロード用

オンロード用は、コンクリートの滑走路を走るのに適したタイヤです。抵抗の減少とグリップ力を両立するためにいろんなパターンの溝のタイヤが販売されています。オンロード用のタイヤで未滑走路を走行すると抵抗が少ないためスリップするリスクが高まります。

 

 

オフロード用

オフロード用は、山道などの未滑走路を走行するのに適したタイヤです。タイヤには、ブロックがついており、滑りやすい道でもグリップ力を得られるようになっています。コンクリートの滑走路を走っても大丈夫ですがブロックの抵抗が強いのでハンドリングが少し乱れます。

 

 

レース用

レース用は、バイクレースで使用されるタイヤです。天気が晴れの日には、路面との抵抗を極限まで下げるためにストックタイヤというタイヤの溝が全くないものを使います。レースでは、レース毎に交換するものなので耐久性の面では、弱いです。

 

 

タイヤの内部構造の違い

タイヤの内部構造は、カーカスの巻き方の違いで大きく分けてラジアルバイアスの2つに別れます。現在主流のラジアルは、カーカスが進行方向に対して直角にまかれるので抵抗が少なく剛性に優れています。遠心力による変形や発熱も少ないので主にスポーツタイプの車両で使われています。現在は、一部の車両で使用されているバイアスは、斜めのカーカスが重ねて巻かれています。高速域になると変形しやすいディメリットがありますが実用域では、安定し乗り心地も良いです。

 

 

 

タイヤの表記

 

 

タイヤの表記は、主に3つあります。

 

 

ラジアル・メトリック表示

例 170/60 R 17 M/C 72 H
意味
タイヤ幅が170mm
扁平率が60%
Rは、ラジアル構造の意味
外径・リム径が17インチ
M/Cは、モーターサイクル用タイヤの意味
荷重指数(ロードインデックス)が72
速度記号は、Hを表す

 

 

 

バイアス・メトリック表示

例 150/80 B 16 M/C
意味
タイヤ幅が150mm
扁平率が80%
Bは、ベルテッドバイアス構造の意味
外径・リム径が16インチ
M/Cは、モーターサイクル用タイヤの意味

 

 

 

バイアス・インチ表示

例 3.00-21 4PR
意味
タイヤ幅が3.00インチ
外径・リム径が21インチ
4PRは、タイヤの強度を表す

 

 

 

最近の主流は、メトリック表示でインチ表示は、少ないです。
扁平率とは、タイヤ幅とタイヤの高さの比率です。真横から見た際にタイヤが薄い程扁平率が低くなり、クッション性が低くなります。

 

 

 

タイヤの点検

 

異物やビビ割れをチェック

まずは、タイヤを隅々まで一周見て、溝に小石が挟まっていないか?異物が刺さっていないか?経年劣化によるヒビ割れがないか?見ていきます。センタースタンドを使うと簡単にチェックできます。無い場合は、バイクを点検しては、動かしての繰り返しとなります。

 

 

スリップサインのチェック

スリップサインというのは、タイヤに必ずついているタイヤの使用期限を知らせてくれるものです。タイヤの側面に△マークがあるのでその延長線上の膨らんでいる部分を見てみましょう。この膨らみと溝の高さが近づいてきたら交換の合図です。溝は、グリップ力を高めるためにあり、それがなくなってくるとスリップのリスクが高まります。スリップすれば大きな事故に繋がるのでスリップサインがでていたらすぐタイヤを交換しましょう。タイヤ交換の時期を溝の深さで測るならノギスが必要です。ノギスがあれば溝の深さを測れるので0.8mm以下になったら交換しましょう。ブロックタイヤも同じです。グロックの高さを測り0.8mm以下になったら交換です。

 

 

空気圧のチェック

タイヤの空気圧が減ってくるとタイヤの路面の接地面積が多くなります。すると余計な抵抗が増えてしまうので燃費も悪くなりますし、バイクが重く感じたり、コーナーでの安定感も悪くなります。逆に空気圧が高過ぎるとクッション性が悪くなったり、パンクしやすくなります。タイヤの空気圧を測るには、エアゲージが必要です。自転車用の空気入れは、バイクでは、使えません。エアゲージを用意したらタイヤの空気を入れるバルブのキャップを反時計回りにまわして外します。キャップがとれたらバルブエアゲージを差し込んでメーカーの指定の空気圧と同じか調べます。メーカーの指定の空気圧は、説明書やバイクのチェーンガードなどの車体の一部に記載されています。指定の空気圧にしたら忘れずにキャップを締めておきましょう。キャップを閉め忘れるとそこからゴミやホコリが入り空気漏れの原因となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ